2017-04

Latest Entries

高橋精志16 ぺっけ

高橋精志16 ぺっけ
  
 私がこけしを集め始めたのは昭和52年ごろからである。当時、伝統こけしの入門書などを本を読むと、各系統の特徴やこけしの歴史、用語の解説などからはじまるものが多かった。
 小さな造り付のこけしに関して、「こげす(遠刈田)」「たちこ(鳴子)」「太子型(土湯)」など、形態の違いや呼び方の違いがあることを知ったのもその頃である。弥治郎では5、6寸の造り付で胴の中程が括れていて、裾が広がっている形をしたこけしを「ぺっけ」と呼んでいた。「ぺっけ(べっけ)」の意味を深く追求したことはないが、鹿鳴館時代に洋装をした婦人を模して作られたこけしだと言われている。

高橋精志16-1

 今日、紹介するこけしは高橋精志さんの作で大きさは6寸である。製作時期は胴底に62歳と記されているので昭和49年か昭和50年頃の作品である。造り付の胴には赤と緑、紫の3色でロクロ線が引かれ、染料が少し滲んでいる。頭の中心が赤色、外側が紫色のベレー帽を被り、前髪は描かれず大きめの赤い房飾りが3つ付いている。顔は一重瞼に大きな撥鼻で、二筆の口は小さく、頬紅が薄っすらと塗られ愛らしい。いかにも小倉嘉吉系の流れをくむこけしに仕上がっている。

高橋精志16

 この、精志さんのこけしをいわき湯本駅前のお土産屋さんで見つけたときには、伝統こけしの入門書から得た、覚えたての「ぺっけ」という言葉が頭に浮かび手に取ったことが鮮明に蘇る。姿形が典型的なぺっけであり、鮮やかな色彩の精志さんのこけしが脳裏に残っている。
 今、あらためて眺めてみると、軟らかい木肌にロクロ模様の染料が少し滲んでいる。あまり気にはならないが、最初に出会った時から滲んでいたのだろうか、それとも時間の経過とともに徐々に滲み出してきたものなのだろうかと、記憶を辿ってみたが思い出せない。40年の時が流れ、当時の鮮明な記憶と朧気な記憶が入り混じっていることを、この精志さんが作ったぺっけを眺めながら楽しんでいる。

こけしの話329

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://soudo0424.blog.fc2.com/tb.php/336-b4c06cc2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

soudo

Author:soudo
FC2ブログへようこそ!

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR