2017-05

Latest Entries

今 晃20 3本の引眉のこけし

今 晃20 引眉のこけし

 私が子供の頃に観た古い時代劇では、女優は歯を黒く塗り(お歯黒)眉を剃って(引眉)演じるのが普通だった。白黒の画面の中で観る映像は、黒い歯と眉を剃った女優が口を動かす度に、薄気味悪く感じ子供心に異様に映っていたことを思い出す。
 最近では三谷幸喜の映画「清須会議=2013年に公開」の中で鈴木京香がお市の方、剛力彩芽が織田信忠の奥方松姫に扮し、引眉とお歯黒で役を演じていた。

今晃20-1(引眉こけし)

 今日、紹介するこけしは今さんの作品で、大きさは4寸である。昨年の8月、ヤフオクに今回のこけしと同手の物が2本、3本と纏めて何組か出品されていた。その中の1組を落札したものである。3本とも眉を薄墨で描いていおり、何時頃の作かも、原の有無も分からないまま、その中から1本だけ出し棚に飾り眺めていた。

今晃20(引眉こけし)

 その後、私と同じ時期に落札したと思われるこけしが、「こけし千夜一夜物語Ⅱ124夜(2016年10月3日)」で「引眉こけし」と題されて紹介されているのを見つけた。その中では木村弦三のコレクション中にある島津彦作のこけしを原にしていると思われることや「引眉」の意味や歴史にについて語られていた。

今晃20-2(引眉こけし)

 最近、「木おぼこ・今晃」(2017年3月18日)の中に、「こけし千夜一夜物語Ⅱ124夜」で紹介された引眉こけしについて取り上げられ大いに参考になった。本作は平成元年5月23日に作られた島津彦作型で、この時以外に薄墨で引眉を描いた彦作型は作っていないことや今さん自身は引眉こけしを作った経緯について記憶が曖昧になっていることなどに触れられている。
 
 私は、このグロテスクにさえ見える今さんの引眉こけしについて、靄がかかっていた謎の部分が少しだけ解けたことで、愛着と面白味が増したことを感じた。

こけしの話332

スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

«  | ホーム |  »

プロフィール

soudo

Author:soudo
FC2ブログへようこそ!

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR