2017-04

Latest Entries

岩本芳蔵9 本人型

岩本芳蔵9 本人型

 今日(4月8日)は香取神宮の桜を観に出掛けた。桜は満開だったが冷たい雨が降られ、鳥居を潜り参道の入口を少し歩いただけで引き返した。その後は何時ものように仲見世の一つ「うのcafe」に寄り、昔懐かしい中華ソバとコーヒーを注文した。今日は桜の花よりも暖かいものが欲しい1日になってしまった。

岩本芳蔵9-2

 今日、紹介するこけしは岩本芳藏作の本人型で制作時期は不明ではあるが昭和20年代後半と想像する。大きさは1尺で、やや肩の張った胴の上部と裾に赤と緑のロクロ線が引かれ、大きな牡丹の花が4輪描かれている。椀型の頭頂の蛇の目は中心が黒い丸、その外側を赤い中太、一番外側を太い黒い線で描いている。前髪と横髪が描かれ、横髪は耳が隠れるほどの長さで下部をリボンのように赤い紐結んでいる。顔は丸鼻にキリット結んだ口、目と眉は左右大きく離れ、細く湾曲した三日月型をしている。陽に焼けて褪色も進んでいるが、少しアンバランスな雰囲気が私好みである。

岩本芳蔵9-1

 芳藏さんが作る本人型や善吉型のこけしの目は、細い目、ギョロッと見開く大きい目、ほとんどが上下に膨れた紡錘形をしており、三日月型はあまり見かけない。

 私のブログ、こけしの話296(2016年8月7日)と327で紹介しているが、芳藏さんは磯谷直行型のこけしを作ったことがあり、その目は三日月型をしている。
 
岩本芳蔵9
 
 私の空想の世界だが、芳藏さんと父善吉との確執は心の中に何時までも深く残っていた。そして芳藏さんの少年時代に兄のように慕い、木地を教えてくれたことがある磯谷直行の早すぎる死を思い出すたびに寂しさがこみ上げて行く。その時に芳藏さんは父が作ったタコ坊主の大きな目を拒み、直行型の細い三日月型の目を描くことがあったのではないかと、このこけしを眺めながら迷想することがある。

こけしの話328
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

«  | ホーム |  »

プロフィール

soudo

Author:soudo
FC2ブログへようこそ!

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR