2016-11

Latest Entries

荒川洋一89 第9回 山河之響の会

荒川洋一89 第9回 山河之響の会

 今日、11月23日から26日まで神田の「書肆ひやね」で開催されていた「第9回 山河之響の会 6人展」に妻と2人で行ってきた。最終日だったので、初日ほどの混雑はなかったと思うが、客足が途切れることがなく盛況だった。
 最終日ということで、良いこけしが残っているか心配していたが、笹森さんの作品は売り切れに近い状態であったが、他の工人さんのこけしは少し残っており、気に入ったものを何点か購入することができた。そして佐藤一夫さんや小笠原義雄さんのお話もゆっくり聞くことができ、最終日も悪くはないと思った。

荒川洋一89-2

 6人展の会場には1時間ぐらいいたと思う。こけしの袋を握りしめて「書肆ひやね」を後にしたのは12時近くなっていた。私達は神田から電車に乗り有楽町に向かった。来月、妻が友人達と歌舞伎座に行くことになっているので、歌舞伎座までの行き方や、その周辺の食べ物屋さんなどの下見を兼ねブラブラと歩いた。その帰りに天気も良く、暖かかったので、三菱一号館の中庭に入りレストランの外に設置してあるテーブルに着きランチを摂ることにした。

荒川洋一89-1

 今日、紹介するこけしは山河之響の会展で購入した善吉型で、大きさは7寸8分、胴の形態はやや末広がりになっており、胴底が丸く面取りされている。胴模様は赤と緑、紫の3色の染料でロクロ線が描かれ、筆運びに勢いがある。顔を見ると吊り上がった目に隈取、善吉のタコ坊主の鋭さと力強さを感じる面描になっている。

荒川洋一89

 荒川さんは「山河之響の会」の準備で仕事の疲れが出たのだろうか、風邪をひいている様子で、マスクを着け声も小さく痛々しく見えた。
 
こけしの話310

スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

«  | ホーム |  »

プロフィール

soudo

Author:soudo
FC2ブログへようこそ!

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR