2015-08

Latest Entries

荒川洋一77 正進型

 荒川洋一77 正進型

 昨日(8月30日)、久しぶりに荒川さんの工房を訪ねた。昨年の7月にお邪魔して以来の訪問になる。

 磐越道で猪苗代湖側から荒川さんが住む会津若松市湊町に行くと遠回りになるので今回は白河を経由して国道294号線を走り向かった。雨が降ったり止んだりの空模様の中、山々の木々や刈取り前の水田の緑、蕎麦の白い花、何故か故郷の道を走っているような錯覚をおぼえた。

荒川洋一77-2

 今回の訪問で最初に手にしたこけしは荒川工人作の酒井正進型である。大きさは7寸7分で胴の上下に赤と緑のロクロ模様が引かれ、中ほどに桔梗の花が2輪描かれている。細い胴には少し垂れ目でオチョボ口をした愛らしい少女の顔が良く似合っている。

荒川洋一77-1

 正進型のこけしが1本だけ残っていた。奥様が私のためにどこにも出さずに仕舞って置いて下さったからだ。奥様の優しい心遣いに感謝したい。この桔梗を描いたこけしの初作は平成16年頃と聞いている。

荒川洋一77

 机の上に置いて眺めていると想い出す。今頃の季節になると故郷の赤松林にひっそりと咲いている紫色の桔梗の花を。

 
こけしの話265


スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

«  | ホーム |  »

プロフィール

soudo

Author:soudo
FC2ブログへようこそ!

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR