2017-04

Latest Entries

今 晃18 新緑の松山庭園美術館

今 晃18 新緑の松山庭園美術館

 千葉県匝瑳(そうさ)市にある松山庭園美術館を訪ねた。第14回「猫ねこ展覧会2017」を観るためである。いつもの年は5月に入ってから行くことが恒例になっていたが、今年は展覧会の初日(4月21日(金))に行くことにした。入口で入館料を払い、長屋門を潜ると庭園には芽吹きはじめたヤマモミジやふっくらと軟らかそうな黄緑色の苔の中に、此木三紅大(コノキ ミクオ)氏が制作したユーモラスな顔をした石像が何体も置かれている。

今晃18-2

 今年はいつもより早い時期に出掛けたので、自然に近い環境の中で栽培されているアツモリソウやアマドコロなど、幸運にも春に咲く花を見ることができた。

今晃18-1

 今日、紹介するこけしは今晃さんの作品で大きさは8寸2分、造り付で肩が丸く、胴の中ほどが少し括れている。白い木地の裾のあたりに上に向かって咲き出そうとしている赤い花が1輪描かれている。牡丹の花だろうか。頭は小さく尖っていてバサッとした髪をしており、墨一色で描かれた顔は人間味のある表情をしており、どことなくユーモラスで親しみを感じる。

今晃18

 松山庭園美術館では様々な作家が描いた猫の絵や此木氏のユーモラスな彫刻や絵画、庭の樹々をゆっくりと眺め、活力を頂いてきた。

 家に戻ってから、今さんのこけしを何本か机の上に並べてみた。そしてそれらを眺めながら、今さんのこけしと此木氏の彫刻や絵画の世界には「童心」という言葉が一番良く似合うと私は改めて実感した。

こけしの話330

スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

今 晃17 春を想う

今 晃17 春を想う
 
 全国で桜の開花のニュースが流れている。桜の開花は厳しい寒さに一度は晒されないと開花が遅くなることを最近になって知った。私が住む鹿島灘沿いの温暖な土地は、冬は穏やかで寒さはゆるい。通勤ルートのソメイヨシノの蕾はまだ固く閉じたままになっているのも納得ができる。明日はかなり暖かくなるらしい。桜の開花が期待できるような気がしている。

今晃17-1

 今さんの作品の中に、淡いピンクに塗った胴に桜の花びらを描いたものがある。我が家にも1本あったような気がして、箱から取り出して包みを解いてみると、胴は淡い桜色の染料で塗られていたが花びらは描かれてなかった。私の記憶違いである。

今晃17

 今日、紹介するこけしは今さんの4寸で制作時期は平成5年である。胴はくびれ末広がり、盛秀太郎のこけしのようなシルエットである。胴の模様は肩と帯、裾に赤、緑、紫の3色で細い線が引かれ、その中に淡い桜色の染料が塗られている。顔は幼児のようにあどけなく愛らしい。この小さなこけしを手に取って眺めてみると、心なしか春の暖かさが伝わって来るように感じた。

こけしの話326

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

今 晃16 笠を被った幸兵衛型

今 晃16 笠を被った幸兵衛型
 
 先日(9月22日)100名山の一つ谷川岳に登った。台風16号が去り、天気の回復を願いつつ21日の深夜に水上温泉のホテルに入った。翌日、午前中は天気が持つとのことだったので、ホテルの朝食をキャンセルしロープウェイの土合口駅まで行き7時発のロープウェイに乗り標高1320mの天神平駅に立った。外は一面の霧が立ち込め今にも雨が降り出しそうな中、雨合羽を着込み濡れた道を歩き出すと間もなく霧雨になり、1時間ほど歩いて休憩した熊穴沢の避難小屋あたりからは本降りになってきた。避難小屋から先はクサリ場などのきつい登山道となり一歩一歩慎重に歩を進めた。頂上近くの肩の小屋を過ぎるとササ原の道となり雨と闘いながら、やっと双耳峰谷川岳のトマの耳(1963m)とオキの耳(1977m)の頂に立つことが出来た。

今晃16-3

 紅葉には少し早い季節の登山だが頂上付近の樹々は少し色付きはじめている。ガスでほとんど視界はなかったが、丈の低いモミジやツツジの葉が赤や黄色に染まろうとしており、雨の降る中で私達をホット和ませてくれた。
 
 今日、紹介するこけしは今晃さんの笠幸兵衛で大きさは7寸、制作時期は胴底にエンピツで平成6年1月28日と記されており平成5年末ごろから平成6年1月はじめに作られたとものと推定され、今さんの笠幸兵衛型としては初期の作と思われる。

今晃16-1
 
 木地の形態は胴の中央辺りが括れており、縁の小さめな笠を頭に被り、笠のてっ辺の雪洞を赤く塗り、放射状の4本の線と笠の縁は紫の染料を使っている。胴の上下には赤と紫の染料でロクロ模様が引かれ、中ほどに紅い牡丹の花が一輪と黒い墨の添え葉が5枚描かれ、首は長く太い眉にキリットした眼、引き締まった真摯な表情が良い。

今晃16

 斎藤幸兵衛の笠を被ったこけしは昭和9年作が「木村弦三コレクション」の中に唯一1本あり、このこけしを原にして多くの津軽系の工人達が笠幸兵衛を作っているという。今晃を含む笠幸兵衛型については「こけし千夜一夜物語(第326夜から第330夜)」と「こけし千夜一夜物語Ⅱ(第29夜)」の中に「津軽の競作3」と題され詳しく紹介されており参考にして頂きたい。

こけしの話300

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

今 晃15 島津型の今こけし

今 晃15 島津型の今こけし
 
 先日、成田郊外の「古民家レストラン 風楽(ふら)」に行き食事をした。私は那須高原に行きたいと思っていたが、愛犬の「リュウ」が高齢に加え腎不全の治療中で長時間のドライブは控えたいと私の妻が反対したからだ。結局、富里市のホームセンターに行きゴールデンウィークの時に「猫ねこ展覧会2016」(こけしの話286)で購入した絵を額装してもらい、昼は前々から気になっていた「風楽」でランチを食べることにした。

今晃15-2

 「風楽(ふら)」は築400年の古民家を修復したレストランで、地元で収穫したオーガニックな野菜や自家製の玄米が食材の中心で、盛り付けを楽しみ優しい味付けの料理を頂くことができる。特にみそ汁は自家製の味噌を使い田舎味噌特有の風味に私は郷愁を感じた。

今晃15-1

 ゴールデンウィークの雨の日に那須湯本の「諸国民藝 みちのく本店」で今さんのこけしを4本購入した。今回はその中で一番小寸だった最後の1本を紹介する。平成15年作で大きさが2寸3分の島津彦三郎型である。

今晃15

 丸い頭でオカッパ髪、太い眉にキリットした眼をしたこの彦三郎型も「こけしの話287」で紹介したように胴には極薄い黄色の染料が塗ってあり、胴の上下と中心に赤と紫の2色の染料でロクロ模様が引かれている。小寸で簡素な造りではあるが得も言われぬ素朴な魅力がある。

今晃15-3

 今、伝統こけしの世界に於いて、伝統性の希薄なものや大きく逸脱したものが増えてきたように感じることがある。こけし本来の味わいや親しみは泥臭さや素朴さの中にあると、今なお私は曲げることができない。今回、那須高原で入手した4本の今さんのこけしは地味で色数も少ないために売れ残り、十数年の時を経て私の手元に落ち着いたのかも知れないと「古民家レストラン 風楽(ふら)」の庭を眺めながら一人迷想している。

こけしの話290

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

今 晃14 那須の今こけし

今 晃14 那須の今こけし
 
 道端で白い猫に出会った。綺麗な毛並みをしているので何処かの飼い猫だろう。私が立ち止まるとゴロリと転がり目を細めてポーズを取ってくれた。触れようと思って手を伸ばすとスーッと起きだして何処かに去ってしまった。

今晃14-2

 私の拙い「こけし」のブログも平成11年の5月からスタートして、この6月で6年目に入った。これからも月に3回位のペースで身近な話題とこけしをテーマにした日記をアップして行きたいと思っている。

今晃14-1

 先月(5月4日)強い雨の降るゴールデンウィークの終盤に那須湯本の「諸国民藝 みちのく本店」に行った。そこで平成15年作の今晃さんのこけしを見つけ4本程購入してきた。店のご主人に話を聞くと、仕入れたまま倉庫に眠っているこけしを時々気が向いたら入れ替えたり補充したりしていると言っていた。運良く今回、今さんのこけしと出会うことが出来た。「みちのく本店」の今さんのこけしはこれが最後らしい。

今晃14

 今回の今さんのこけしは縦長の頭に下膨れの顔、オカッパの髪は耳が隠れる位の長さである。少し垂れ気味も目がションボリとした顔に映って見える。大きさは4寸1分で造り付の胴は撫で肩で裾が微かに広がり、白い胴の下部に紫色のロクロ線が2本引かれているだけで、全体的に地味な仕上がりになっているのが良い。
 
こけしの話289

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

«  | ホーム |  »

プロフィール

soudo

Author:soudo
FC2ブログへようこそ!

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR