2017-08

Latest Entries

桜井コウ2 凛々しき

桜井コウ2 凛々しき

 登山口の広河原から北岳の山頂まで標準のコースタイムは6時間ぐらいだと思うが、私は8時間ぐらいかかった。休憩と水分補給を繰り返しながら標高差1700mを一歩一歩登った。標高が高くなり森林限界を超えるあたりから冷たい風が吹いてきたが、直射日光を浴びた身体に汗が流れ筋肉が張り出した。

桜井コウ2-2

 山旅の疲れはだいぶ取れたが、太腿や脹脛に筋肉痛が残っており、昨日、今日と外出は控え家でゴロゴロとした。今日はこけしの入った段ボール箱を整理したりして、長い間しまい込んでいたこけしを出しては眺め、乾拭きをして過ごした。

桜井コウ2-1

 今日、紹介する桜井コウさんのこけしもその中の一つで、何時から家に来たものなのか記録が残っていない。箱から取り出して包み紙を解いてみると、髷を結い凛々しい顔のこけしが現れ、しばし眺めてしまった。大きさは6寸で胴底に昭和40年と記されている。夫万之丞さんの木地にコウさんが描いたものであろう。

桜井コウ2

 桜井コウさんは明治30年2月8日に山形市小姓町に開業していた理髪業の家に長女として生を受けた。大正2年に近所の木地屋に鳴子から働きに来ていた大沼万之丞を婿に迎え入れている。コウは1人娘であったので万之丞を床屋の跡継ぎにと考えたが、万之丞は理髪業が合わず、1人で鳴子へ戻ってしまった。その後を追い、コウさんは生まれた娘を連れて鳴子へ移り、夫とともに仙台や米沢などを渡り歩いた。大正10年ごろに鳴子に戻り定住している。

 コウさんがこけしに興味を持ち万之丞の木地に描き始めたのは山形時代からであり大正9年~10年ごろとされている。昭和5年には大沼岩蔵から本格的に指導を受け描くようになった。戦後も万之丞の木地に描彩を続け、夫の死後は、長男昭二やさくらいの職人の木地にも描いていた。昭和53年4月10日に没している。行年82歳である。

 桜井コウさんなくして桜井万之丞、桜井昭二、実もないと言われるほど、桜井家にとっては貴重な存在であったと語り継がれている。

こけしの話343
 
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

桜井万之丞2

桜井万之丞2

 昨日は台風18号が上陸し、川の氾濫や突風で家が倒壊するなど近畿から関東・東北にかけ広い範囲で大きな被害が出た。私の家も昼ごろから強い風が吹き荒れ庭の木々の枝を揺らしていた。

 私は夏風邪を引いたのか、今朝起きたら身体が怠く、何にかしようという気もおこらず1日中ゴロゴロと布団の上で過ごした。

桜井万之丞2-1

 昨日に引き続き万之丞のこけしを紹介する。大きさは1尺で昨日の8寸より少し時代が古く胴底に鉛筆で35年3月と購入した時期が書いている。よく見ると昨日の8寸は黒に近い緑の染料を使っていたが、この万之丞は青味を帯びた緑の染料を使っており、染料の違いにも年代の相違が伺える。
 
桜井万之丞2

 褪色が進み胴の上下に赤・緑・黄のロクロ線が引かれているが黄色はほとんど消えかけている。

こけしの話132

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

桜井万之丞1 

桜井万之丞1

 昨日は桜井コウさんのこけしを紹介したが、今日は夫の桜井万之丞さんのこけしを紹介する。鳴子には昭和53年9月と54年5月に2度ほど訪ねている。当然「さくらい」に寄り昭二工人や五十嵐勇工人のこけしを購入している。甘美な雰囲気の「さくらい」のこけし達の魅力に引き込まれ、父、万之丞、母、コウのこけしも持ちたいと思った。こけしブームに陰りが見えてはいたが、その当時、お二人のこけしをあまり見かける事はなく、価格も私にとっては遠い存在だったように記憶している。

桜井万之丞1-1

 今日、紹介するのは桜井万之丞さんの戦後のこけしで昭和40年前後の作である。頭が少し大きく、肩の張りが弱くなり胴の上下にロクロ模様が引かれており、大きさは8寸、緑色の褪色が気になるが観賞するに足る保存状態で満足している。

 桜井万之丞は明治24年4月5日に甚三郎の四男として生まれ、明治38年15歳で中山平の兄岩蔵について木地を習得した。戦後、鳴子の発展に尽くし、昭和44年3月26日に行年79歳で没している。

桜井万之丞1

 万之丞とコウのこけしを並べてみた。万之丞は女性的でコウは男性的などと何かで読んだ記憶がある。こうして並べてみると、どちらも甘い雰囲気を持ち私の観賞力では答えが出せない。それよりも二つ並べて観ていると、良く冷えた少し甘めの白ワインを飲むように甘美な世界へと引き込まれて行く。

桜井万之丞・コウ1

こけしの話131

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

桜井コウ1 オチョボ口

桜井コウ1 オチョボ口

 土橋慶三著「こけしの旅」の中に昭和53年のこけし界を振り返えってという文章がある。その中で、その年に亡くなったこけし工人、高橋精志、佐藤次男、佐藤巳之助、桜井コウの4人を回想している。佐藤巳之助工人の功績を称え、精志工人、次男工人を努力家として晩年に開花したと両人を惜しんでいる。
 最後に桜井コウさんついては「夫 万之丞、息子、昭二、実を助けただけでなしに、自分もこけしを作って描彩し、若いころは自分で売って歩いた苦労人だ。桜井コウさんなくして桜井万之丞、桜井昭二、実もないと思うほど桜井家にとって貴重な存在であった。後略」

桜井コウ1-1

 桜井コウさんのこけしは何点か所有しているがなかなか良いと思うものに出会えなかった。今日、紹介するこけしは大きさが7寸で胴底に桜井万之丞作、桜井コウ画と書いてある。万之丞さんの木地にコウさんが描いたもので昭和20年から30年代にかけての作と思われる。後年「さくらい」の職人の木地に描くようになったこけしと比べ絵に張りと勢いがある。

桜井コウ1

 髷を結い少し垂れ気味の眼、オチョボ口がいかにも鳴子のこけしらしく愛らしい。保存様態も良く、やっとお気に入りのコウさんのこけしに出会うことができた。

こけしの話130

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

«  | ホーム |  »

プロフィール

soudo

Author:soudo
FC2ブログへようこそ!

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR